バイクでの交通事故の際の転倒時の次の日に・・・~宇治市、城陽市、久御山町~

2016年10月9日

バイクを公道で運転される以上交通事故の危険は付き物です。車と比べると交通事故の確率は高いです。当院のスタッフもバイク通勤のものは多いですが一度は交通事故を経験しております。

自動二輪車の保有者の1年間の事故での死者数は1万人に1.2人、重傷者は1000人に1.4人、軽症者は1000人で7.8人となっています。事故に遭って死傷する人の確率はかなり低いものの、自動車と比較するとかなり高水準になっています。

このようなバイク事故でよく聞く声がてんとうした次の日に

「転倒した時は大丈夫だったのに次の日から急に首や腰に痛みが・・・・」

「腕や足に身が入ったような痛みがでてきた・・・・」

などの声をよく聞きます。

交通事故による怪我は、もちろん、事故の瞬間から症状が出るものが多いです。

たとえば、骨折している場合には、激痛が走るでしょうし、場合によっては意識不明のような場合もあります。

しかしながら、交通事故にあった当日は、とくに痛み等がなかったのに、翌日以降に痛みや吐き気などの症状が出るケースもあります。

とくに、頚椎捻挫、いわゆるむち打ちの場合には、このように、後になって症状が出るのは稀ではありません。

たとえば、むち打ちによって、まれに耳鳴りが発生することがあります。

耳鳴りの発症時期は、事故から数日以内に発生したものが27%と少なく、2~4週間以内に発症したものが55%であったと報告されています(遠藤健司『むち打ち損傷ハンドブック第2版』(平成24年4月10日・丸善出版)43頁参照)。

また、高次脳機能障害のように、自覚症状が乏しく、事故から時間が経過していくにつれて、家族等が異変に気付くというものもあります。

このように、交通事故のために発生する症状は、何も事故当日に発症するとは限らないので注意が必要です。

話をまとめると下記の通りです。

・交通事故を原因とする傷病の自覚症状は、交通事故当日に出るとは限りません。事故から時間が経過した後に症状が出ることもあります。

・異変を感じたら、できるだけ早く病院へ行き診断書をもらうことをお勧めします。

・病院へ行くのが遅いと、事故と症状との因果関係を争われるリスクがあります。

・病院へ行く場合には、治療費の円滑な支払いのためにも、一般的には、相手損保に連絡するのがおすすめします。

初期の対応が遅れてしまうことにより納得のいかない保証内容になることも多々あります。交通事故に遭ってしまった場合は納得のいく保証をしていただくためにもこのような知識が必要となります。もしお困りのことがありましたらいつでもご相談くださいませ。

のぞみ鍼灸整骨院 交通事故専門サイト もしも交通事故に遭われた時に・・・

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

 

自転車と自動車の交通事故の場合~宇治市、城陽市、久御山町~

2016年10月6日

最近では自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故は年々増えてきています。車との事故では、自転車は弱者として捉えられがちでしたが、対歩行者の事故では加害者になることが多くなっています。

自転車は道路交通法では軽車両に分類されます。ですので道路交通法の規制を受けます。免許制度はありませんが車両と運転者としての義務は車やバイクと変わりません。事故を起こせば、警察に通報する義務があり、損害賠償や慰謝料などの民事上の責任も問われます。そして、交通違反を犯した場合には、刑事上や行政上の責任も問われます。自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故で相手を死傷させた場合、加害自転車に重過失が認められれば重過失傷罪が適用されることもあります。

自転車は専用の道路が設けられている場合は、原則としてそこを通行しなければなりません。歩道は歩行者専用の安全通行エリアであり、道路標識などで自転車の走行が許可されている場合のみ通れます。また歩行者の通行を妨げる場合には一時停止の義務があります。自転車の走行が認められていない歩道上で、自転車と歩行者との事故が起きた場合には自転車に全面的な過失が認められることになります。信号無視や一時不停止、無灯火、酒酔い運転など悪質・危険な違反については、取り締まりも厳しくなっており、積極的に検挙、滴定な処分がなされることになっています。

自転車には自賠責保険のような強制加入の保険制度はありません。そのため、自転車事故が起きた場合に被害者が救済されないことがあります。自転車とはいえ相手を死傷させれば、加害者が高額の賠償責任を負うこととなりますが一個人では限界があります。自転車に乗る人は万一の事故に備えて損害保険会社で取り扱っている自転車保険や個人賠償責任特約に加入しておくといいでしょう。

いついかなる時も道路に出ているということは交通事故のリスクがあります。そのような時に自分を助けてくれるのは保険や信頼の置ける保険会社さんです。我々はそのような方達とともに皆様の無理なく負担なく過ごしていただく道上のお手伝いをさせていただきます。もし何かありましたら我々にお声がけください。全力でお手伝いさせていただきます。

のぞみ鍼灸整骨院 交通事故専門サイト

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

交通事故で捻挫した場合には~宇治市、城陽市、久御山町~

2016年10月1日

バイクで走っていて追突、転倒などで交通事故を起こしてしまった、または被害者になってしまった場合以外と多いのが足関節捻挫です。足関節捻挫の場合大事になってくるのは早期治療です。それではどのような早期治療とはどのようにしたらいいのでしょうか?

⚪︎基本はRICE処置

R   Rest (安静)

ケガをしたところを動かさず、安静に保つ

ケガをしたとき、無理にカラダを動かしたり、足首や膝だと体重をかけるようなことをすると、痛みが増したり、ケガが悪化することがあります。ケガをしたら、まず患部を動かさないように、体重がかからないようにすることが大切です。

手近にテープや厚紙、板きれなどがあれば積極的に固定することも良いでしょう。 また上肢では三角巾の代わりにタオルなどで固定しても良いでしょう。

I   Ice    (冷却)

患部を氷で冷やして痛みを緩和、
「血管を収縮させて」内出血や炎症を抑える

次にアイシングで患部を冷却します。患部やその回りを氷で冷やすと、痛みが軽くなり、内出血や炎症を抑えることができるからです。最も一般的なのは、ビニール袋の中に氷を入れて患部にあてるという方法です。患部に氷をあてていると、ピリピリとした痛みが出てきて、やがて無感覚になります(約15~20分)。そうなったら、いったん患部から氷をはずし、再び痛みが出てきたら氷をあててください。これを24~48時間ほど続けます。

Compression (圧迫)

包帯などで圧迫して、出血や腫れを防ぐ

患部を圧迫すると、出血や腫れを防ぐことができます。足首のネンザなどで腫れがひどくなると、痛みが強くなり、それだけ治るのにも時間がかかります。弾性包帯(伸縮包帯)やテーピングなどで患部を適度に圧迫しながら巻くといいでしょう。足首のネンザなどでは、パッドを圧迫したい部分の形に切って患部にあて、その上から弾性包帯やテーピングで巻く方法も用いられます。これはSTEP2のアイシングの前に行うことや、氷を患部に固定するときに同時に行うこともあります。

Elevation  (挙上)

患部を心臓より高い位置に保ち、内出血を防ぐ

できるだけ患部を自分の心臓より高い所に持ち上げます。こうすることで内出血を防ぎ、痛みを緩和することができます。イスや台、クッションや枕など、手頃な高さのものを探して、患部をのせておくといいでしょう。

これらの早期処置はとても大事です。

そして整骨院にいる先生は全員柔道整復師という国家資格の保持者です。柔道整復師とは骨折、脱臼、捻挫、打撲、挫傷の治療のスペシャリストです。処置が早く治療が早ければ治癒まではとても早いです。

特にのぞみ鍼灸整骨院では捻挫の人のために特殊治療をしています。関節モビリゼーション、トリガーポイント治療、筋膜リリース、鍼治療、矯正治療などその時の症状、状況に応じて最適の治療をしていきます。

交通事故に遭ってしまいお困りの方がみえましたら是非とも当院にお声がけください。全力で早期治癒のために治療させていただきます。

のぞみ鍼灸整骨院での治療のメリット

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

整骨院での交通事故の治療 ~宇治市、城陽市、久御山町~

2016年09月29日

交通事故にあわれた方で、身体に起こった痛みだけでなく、精神的にも参って気分が沈んでしまう方がいらっしゃるのではないでしょうか?

・検査やぬり薬や湿布を処方をするだけの病院通い

・面倒な保険会社の手続き

・事故を起こした相手方とのやりとり

交通事故にあうと、このように普段では慣れない時間を使うことによって、どうしても精神的に負担を抱える方がいるかと思います。

身体的に症状があるのにもかかわらず、精神的にもストレスを抱えると治る症状も治りにくくなります。

精神的なストレスは筋肉を緊張させ、背骨に歪みを及ぼします。

たとえば、頚椎(首の骨)のまわりの筋肉がストレスによってこわばると、血管や神経を圧迫し、頭痛やめまいなどを起こします。

そのほか精神的ストレスは自律神経にまで影響し、内臓の不調や代謝障害、疲労感などを生み出します。

交通事故で起こったむちうちや腰痛などの症状に加え、精神的なストレスによって、さらに身体へと追い討ちをかけるのです。

これでは痛みの悪循環となってしまいます。

したがって、交通事故でおこるむちうちや腰痛などの症状の改善は精神的なストレスを取り除くことと、歪みの調整で痛みの根本的な原因を取り除くことが必要となります。

当院では患者様と気軽に接するための明るい雰囲気作りとともに、患者様の要望にお応えできるよう交通事故に関する知識と治療技術を持ったスタッフが揃っています。

交通事故に遭わないことが一番ですが、もしも起こったときに知っておくべき情報提供もさせていただいております。

最後に、当院に通われている交通事故に遭われた患者様から嬉しいお言葉をいただいたので、ご紹介いたします。

~~~~

事故の後遺症で悩んでる方お勧めです

10年くらい前の交通事故の後遺症で、首と腰が痛くて可動域も狭く、右側へ回らなくなっていました。半信半疑だったんですが人に勧められて来ました。

初日に矯正して頂いて、その日の夜は眠れないくらい痛かったのですが、2~3日で痛みはなくなりました。

首と腰は、矯正したその日のうちに動くようになり、10年近く通った整形外科は何だったのかと‥

今はだいたい年に1回くらい、痛みが出始めた頃に通ってます。

院内は決して広くはありませんが、清潔感があって雰囲気もいいです。

整形外科に通ってもなかなか治らない方は一度行ってみる価値はあると思います。

~~~~

このように整骨院に実際に来て喜んでいただくことは、我々スタッフも非常に嬉しく思い、励みにもなります。

整形外科と整骨院の違いがよく分からない患者様もまだまだいらっしゃるように思います。

一人でも多くの人に、交通事故でお困りの方々のお役に立てるよう、我々のぞみスタッフは全力でサポートをさせていただきますので、お気軽に当院までご相談くださいませ。

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

交通事故の時の示談交渉の進め方~宇治市、城陽市、久御山町~

2016年09月28日

交通事故の時の示談交渉の前にこの内容をしておくとスムーズに行うことができます。是非とも参考にしてみてください。

◼︎被害者が自分で損害賠償を試算してみる

まず、事故の状況を正確に把握しておく必要があります。そして、要求すべき損害額を自分で出してみることです。交通事故の損害賠償は定型化・定額化が図られています。計算することで賠償額の根拠も理解でき、何もわからないまま交渉に臨んで相手の良いなりになることを防ぐことができます。

◼︎必要な書類を揃える

損害賠償を試算することで、どんな資料を入手しなければならないかがわかってきます。それらは示談交渉の際に必要な書類になってきます。被害者にとって重要なのは収入の証明と過失の証明になります。特に収入額の証明は被害者自身で書類を揃えなければなりません(源泉徴収票や税務申告など)事故状況の証拠となる資料(メモや写真など)も残っていれば揃えておきましょう。また、示談交渉を開始する前に、交通事故の相談機関を利用してみるのもいいでしょう。

◼︎示談交渉の時に準備しておきたい書類

・交通事故証明書(自動車安全運転センター)

・診断書と診療報酬明細書(医師・病院)

・領収書(各支払先)

・収入証明書(勤務先など)

・戸籍謄本(市区町村)

・後遺症害診断書(医師)

・死亡診断書(医師)

このようにたくさんあります。このような知識を知っていると知らないのでは大違いです。もしわからないことなどありましたらのぞみのスタッフがお答えさせていただきます。いつでもお申し出くださいませ。のぞみのスタッフは皆さまのお役に立てることを望んでいます。

のぞみ鍼灸整骨院 交通事故専門サイト

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

交通事故で起こる痛みの原因(むちうちによる肩こり)~宇治市、城陽市、久御山町~

2016年09月21日

当院では、交通事故で生じたむちうちや腰痛などの痛みの原因を背骨の歪みとして治療させていただいております。

歪んだ背骨を矯正して正しい位置に戻し、まわりの筋肉をマッサージや鍼で緩めて血液の循環をよくしています。そうすることで、全身の自然治癒力を高めることができます。血液は酸素や栄養分を運ぶので、循環が悪いところ(歪み、硬い筋肉)でなんらかの症状が起こるのです。

交通事故で起こったむちうちの症状の一つに、肩こりがあります。

肩こりは、背骨のずれが原因で、血液が首の骨を通過しにくくなるために起こる症状です。

心臓から供給される酸素を十分に含んだ血液が全身に向けて流れ出した後、最初に経由するのが頚椎(首の骨)です。したがって頚椎にずれや歪みがある場合には、そこで血管が圧迫されて血液が流れにくくなり、肩付近の筋肉が酸欠になって肩こり症状が起こるのです。

この状態は、水道の蛇口にホースをつないで水を出し、ホースの途中を踏みつけた時に水が出にくくなるのと似ています。

血管の先の筋肉は必要な酸素が得られず、しかも狭くなった血管のそばを通る神経も同時に圧迫されるため、手や足のしびれや痛みといった症状も起こってきます。

むちうちによる肩こりの症状に限らず、交通事故による症状として、腰痛にも同じことがいえます。

炎症を起こして凝った状態になっている筋肉をほぐすにはマッサージや鍼治療が有効ですが、それは一時的なものです。

その炎症の根本的な原因となっている背骨のズレや歪みを矯正しない限り、再びその筋肉が炎症を起こして痛みが再発してしまいます。

歪んだ背骨を支えている筋肉は、非常に不自然な状態です。そのため筋肉や血管、神経などにストレスを与え、痛みを引き起こします。したがって、痛みを取り除くには、まず第一に背骨をきちんと調整することが必要です。

当院では、痛みの根本となる背骨の歪みを調整する「のぞみ式瞬間矯正」を行っております。

交通事故による痛み(むちうちや腰痛など)にお困りの患者様も多数来院されています。病院ではできない治療によって大変満足していただく患者様もおられますので、まずはお気軽に当院へご相談ください。

宇治市交通事故.com むちうち症について

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

交通事故の際の示談交渉の進め方~宇治、城陽〜

2016年09月19日

まず交通事故の際の示談とはどのようなことをいうのでしょうか?

交通事故の解決=損害賠償金の問題を解決することです。当事者が話し合いで賠償責任の有無やその金額、支払方法などを決めます。交通事故のほとんどが示談で解決されています。

一般的に加害者の代理として保険会社の交渉担当者が示談にあたります(示談代行)。加害者(保険会社)側から、支払うことのできる賠償額を先に提示してくることがほとんどです。保険会社も営利団体なので、自賠責保険の枠内で治る金額や、その会社の基準によるシビアな金額を出してきます。提示された賠償額に納得できなければ、示談成立に向けて交渉が続けられることになっています。また、加害者の勤務先の事故担当者が交渉に当たる場合もあります。(バス会社やタクシー会社など)いわゆる「示談屋、事件屋」と呼ばれる人が出てくるケースもありますが、本当に示談交渉を行う代理権があるのか、加害者自身の委任状を持っているかを確認することも大事です。

⬛︎示談は急がない

人身事故の場合は、示談を開始する時期は特に慎重でなければなりません。一度示談が成立すると、原則やり直しできません。交渉が始まるのは損害が確定してから、つまり、怪我が完治するか症状が固定してから(医師の診断書を持ってから)にするべきです。加害者に刑事責任が問われている場合には、刑を軽くしたり情状酌量を得るために示談成立を急かしてくることがありますが応じる必要はありません。また治療費等の不足で困った場合にも自賠責保険の仮渡金精度を利用すれば、賠償金を得るために示談成立を急がなくてもすみます。

⬛︎示談の成立

当事者間で示談が成立すると「示談書」を作成します。(その後、保険金を請求する場合に必要な書類になります。)交渉に不慣れで自分の言い分をうまく伝えられなかったり、わからないことがあれば、相談機関を利用して、弁護士などの専門家に手助けしてもらうようにしましょう。示談が纏まらなかった場合、裁判所の手を借りて調停・訴訟などで解決することになります。

様々な症例がありますが一つ言えることは今の痛みは諦めないでください。必ず治る手立てがあるはずです。我々のぞみ鍼灸整骨院はそのような皆様の大きな力になるために日々研鑽を重ねております。骨格・筋肉・軟部組織の専門家として今の痛みを変えていくための方法を共に考えさせていただき施術させていただきます。

何かお困りのことがありましたらいつでものぞみ鍼灸整骨にご相談ください。皆様の力に必ずならせていただきます。

賠償責任・法律的な問題についてののぞみ鍼灸整骨院のホームページ

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保跡地 南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

交通事故治療でののぞみ鍼灸整骨院の患者様の嬉しいお声~宇治、城陽〜

2016年09月16日

最近来院された交通事故でむち打ちになられた患者様のお声です。この方は交通事故に遭われてから2ヶ月ずっと整形外科さんに通われておられました。刺激に弱い方で牽引すらも拒否をされておられ治療の内容は湿布と痛み止めと低周波だけでした。なかなか症状が改善されないということで偶然にも当院のことをホームページでお知りになられ電話をかけてくださり受信された方です。

以下本文です

電話の対応から、とても感じが良く、職員の皆さんが、明るく挨拶をして下さり、帰りには気持ちまで軽くなりました。
初日は、バキバキと音がして怖かったのですが、次の日は、私に合わせて緩めにやって下さり、正に、オーダメイド治療でした。
一回の治療で、体の歪みが、目に見えて変わるので、魔法遣いみたいで、凄いとおもいました。
事故に遭って、気持ちが沈んでたのですが、前向きになれました。
整骨院は、怖いと思っていましたが、
かなり、おすすめです。

 

本当に嬉しいお声です。必ずこの患者様もよくなっていただき元どおりの生活に戻っていただけるようにしていきます。今の痛みがあって当たり前、もうこれ以上はよくならないなどと考えていまっている方は是非とも当院にお越しください。今までの治療から転院、病院との併用して通うことも可能です。交通事故について詳しい知識を持っているスタッフ、むち打ちに対して特殊な技術を用いて完治を目指すスタッフなどが揃っています。今の痛みに諦めず当院にお越しください。

何かお困りのことがありましたらいつでものぞみ鍼灸整骨にご相談ください。皆様の力に必ずならせていただきます。

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保跡地 南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

のぞみ鍼灸整骨院交通事故専門治療サイト

整骨院で受けれる交通事故治療とは?~宇治市、城陽市、久御山町~

2016年09月13日

もし交通事故に遭ってしまいお困りになられた際医療機関(病院・整形外科など)が被害者に変わって「第三者行為による傷病届け」を提出することはできないため、手続きしない限り自由診療になってしまいますが、健康保険を使った場合と診療内容が変わることはありません。

整骨院で行われる柔道整復とは、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れなど)に対して骨・関節などの変化を見つけ、それらを手技で正しい位置に矯正するための施術のことです。そのようなケガ以外の慢性的な痛みや急性的・外傷性でないものは健康保険適応外になります。なので交通事故による外傷性の怪我には健康保険を使うことができます。ただし、骨折、脱臼は緊急の場合を除き医師の同意が必要です。また捻挫・打撲も基本的には医療機関との重複受診はできず、その場合は原則として整骨院での施術は全額自己負担となります。

人間の本来持つ自然治癒力を最大限に活かす環境作り、運動療法や電気療法など整形外科ではできない治療も行っています。各整骨院によって研究・熟練された手技や体全体を診た上での施術、後遺症が残らないような治療計画などは、健康保険ではまかないきれないのが現状です。自費にはなりますが、治るまでに要する時間や通院回数、体の状態などを考慮すると結果的には安くついたという場合もあります。実際に自己当時の記憶が飛び、全身的に怪我を負った患者様の社会復帰が可能になったと言うケースもあります。

様々な症例がありますが一つ言えることは今の痛みは諦めないでください。必ず治る手立てがあるはずです。我々のぞみ鍼灸整骨院はそのような皆様の大きな力になるために日々研鑽を重ねております。骨格・筋肉・軟部組織の専門家として今の痛みを変えていくための方法を共に考えさせていただき施術させていただきます。

何かお困りのことがありましたらいつでものぞみ鍼灸整骨にご相談ください。皆様の力に必ずならせていただきます。

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保跡地 南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

のぞみ鍼灸整骨院交通事故治療専門サイト

交通事故治療で「症状固定」と告げられたら~宇治市、城陽市、久御山町~

2016年09月9日

交通事故に遭われて保険会社様といろいろやり取りをされていく中で出てくる言葉で「症状固定」という言葉があります。では症状固定とはどういうことでしょうか?

症状固定とはこれ以上治療をしてもその傷病の症状が回復・改善が期待できなくなった状態のことを言います。そして残ってしまった症状が「後遺障害(後遺症)」です。症状固定の診断を受けると治療期間が終了したものとして扱われるので、賠償の範囲も確定し、それ以降の治療費や休業損害などの支払いは原則として受けられなくなります。

むち打ちや腰椎捻挫など、外形的な所見が見えにくく、治療が長期におよぶ怪我の場合など、単に治療費打ち切りの意味で言われる場合があります。症状固定は、患者様の訴えや症状等を診て、あくまで医師が医学的に判断するものです。その時期を保険会社様が強制できるものではありません。もし「症状固定です」と言われたらどう対処したらいいのでしょうか?

そのためには医師に今の症状、痛みを理解していただくことが大事です。その医師から症状固定と言われてしまった場合はしっかり今の症状の痛みがあることと、治療効果がまだあるという実感があれば、その旨をしっかり医師に伝えていきましょう。自分の症状は自分が一番よくわかるので、主治医と十分に相談して判断することが大切です。病院・整形外科の主治医には今後のことも含めて詳しい説明を求めましょう。

交通事故に遭われて症状が出てしまった場合後遺症が残らないようにしっかりと治療をしていくことが大事です。そのためにこのような知識があるとナイトでは全く後に残ってくることが変わってきます。皆様にとってお役に立てる情報であることを信じて今回もこのブログを書かせていただきました。

もし交通事故にあってしまい痛みが継続している時は治療を続けていくべきです。そして後遺症のない体を作っていくことが大事です。そのためには治るまで治療受けていただくことをお勧めします。その時に上記のような知識がある、ない、でその治療期間が全く違ってきます。何かお困りのことがありましたらいつでものぞみ鍼灸整骨にご相談ください。皆様の力に必ずならせていただきます。

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

のぞみ鍼灸整骨院交通事故治療サイト

宇治市伊勢田町中山24-27

鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

1 2 3 4 5 6 7 8 15

お問合せ・ご予約はこちら

アクセス 0774-41-3400

京都府宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄「伊勢田駅」西裏すぐ P8台

アクセス 0774-39-4154

京都府宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ徒歩2分 P4台

TOPへ戻る