交通事故後の説明しにくい不調~宇治市、城陽市、久御山町~

2016年05月16日

 交通事故に遭ってしまい起こる症状でうまく説明しにくいものがあります。それを不定愁訴といいます。「不定愁訴」とは頭が重い、イライラする、疲労感がある、よく眠れないなど、自覚症状があっても原因となっている持病が特定できない状態を指し、医師によって自律神経失調症と診断する場合もあります。検査では明らかな異常が見つからないので、処置も難しく、客観的所見に乏しい事が特徴です。

むち打ちで首の骨がゆがむと神経が圧迫されるので、不定愁訴のような状態が起こります。

交通事故後にこのような症状が現れた場合、頭の重さから風邪をひいたと自身で判断してしまう人もいます。

病院へ行く際は交通事故に遭った旨を伝えましょう。のぞみ鍼灸整骨院ではこれらの症状は交通事故後のむち打ちなど関連付けて考えます。説明しにくい症状はついつい自分でも流しがちになってしまい整骨院に行っても症状を説明せずに終わってしまうことがあります。そのように過ごして行ってしまうと後から痛みが増大してくる場合の方もみえます。

今症状が軽くなんとなくしんどいという方でも整骨院にかかった際は先生にお伝えしてください。どのようなことでもお役立ちできるはずです。

交通事故は遭わないようにしていくことが最も大事ですがもし遭ってしまった場合はいつでもご相談ください。

全力でサポートさせていただきます。

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分

駐車場4台分あり 0774-39-4154

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分

駐車場8台分あり 0774-41-3400

のぞみ鍼灸整骨院交通事故治療専門サイト

お問合せ・ご予約はこちら

アクセス 0774-41-3400

京都府宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄「伊勢田駅」西裏すぐ P8台

アクセス 0774-39-4154

京都府宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ徒歩2分 P4台

TOPへ戻る