交通事故でのダッシュボードインジュリーとは?~のぞみ鍼灸整骨院、のぞみ整骨院~宇治市、城陽市、京田辺市、久御山町~

2015年12月17日

ダッシュボードインジュリー

このような言葉はきたことはあるでしょうか?あまり聞き馴染みのない言葉だと思います。ダッシュボードインジュリーとは交通事故の際運転席、助手席に乗っている人に起こる症状です。

ではどこの部分の損傷でしょうか?

答えは股関節です!!

ダッシュボードインジュリーとは自動車が後ろから追突してきて前席に座っている人が後ろから強い力が加わり膝をダッシュボードにきつく打ち付けて怪我することを言います。軽い衝撃なら膝関節打撲ぐらいで済みますがさらにきつい衝撃だと大腿骨の長軸上に圧が加わり股関節に衝撃が生き股関節脱臼または股関節の受け口である寛骨臼(大腿骨頭が収まっている凹んだ部分)の骨折がおきてしまいます。

車種にもよりますがエアバックでの保護範囲外の場合もあり稀に起きてしまうケースです。

股関節は人体のなかで最も大きくそして深い関節です。そしてこの股関節は血管が通っています。股関節が脱臼することにより足と体をつなぐ最も大きい支えがなくなり下半身を支持できなくなってしまいます。そして股関節を通っている血管が損傷することにより体のなかで最も大き骨である大腿骨に栄養が行かなくなり壊死してしまうケースもあります。

もしこのような事態になってしまったらいち早くに治療が必要です。血管を損傷して24時間以内に股関節の整復を行わないと壊死してしまいます。早期治療が大きなポイントです。このような大きな損傷の場合救急で病院に運ばれていると思います。そして処置をされておられると思います。大事なのはその後です。股関節を整復して正しい位置に戻していきその後からリハビリが必要となってきます。

長期間動かさずに固定した後関節は固まってしまいます。幹部が安定してきてから病院でもリハビリはしてくれます。そして退院した後もリハビリは必要となってきます。

そんな時には整骨院がお役に立てます。我々のぞみ鍼灸整骨院は関節リラクゼーションという手技で関節の位置を正しく戻していきそしてトリガーポイントという手技で股関節の周りにある大きな筋肉を緩めていき可動域改善と疼痛の緩和を行っていきます。

このように重症な時でも我々のぞみ鍼灸整骨院はお役に立てます。

お気軽に、下記の電話番号にてご相談下さいませ。

のぞみ鍼灸整骨院

宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400

のぞみ整骨院

宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分 駐車場4台あり 0774-39-4154

 

◎◎:大腿骨頭は、3本の血管で栄養素や酸素などを送っているのですが、この供給ができなくなってしまうと、骨頭自体が壊死してしまいます。この壊死に至るまでがおよそ24時間ですので、それまでに整復する必要があります。それに、脱臼に伴って、血管が損傷してしまう場合も多くあります。また、骨折が伴っている場合は、骨の破片が体内に散らばってしまって、坐骨神経麻痺なども起こしてしまうので、これに対応するブロック注射なども、後に行う必要があります。とにかく、できるだけ早い時間帯での整復が第一で、順を追って治療することが重要です。

お問合せ・ご予約はこちら

アクセス 0774-41-3400

京都府宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄「伊勢田駅」西裏すぐ P8台

アクセス 0774-39-4154

京都府宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ徒歩2分 P4台

TOPへ戻る