事故による打撲・捻挫・むちうちの痛みの治療法 のぞみ鍼灸整骨院・のぞみ整骨院 宇治 城陽 久御山 田辺

2014年12月17日

交通事故のケガと一口に言っても、状況や乗り物、例えば自動車なのかバイクなのか、あるいは自転車なのかでケガの部位や痛め方は異なってきます。

しかし、レントゲンで異常のない場合は、ケガの診断名が○○打撲○○捻挫、もしくはむちうちと診断されても、痛みを引き起こす原因は筋肉、あるいは靭帯など所謂軟部組織と言われるレントゲンでは判別のできない組織の損傷による痛みになります。

この軟部組織の損傷による痛みはなかなか厄介で、適切な治療を行わないと慢性化してしまう恐れがあります。

そんな軟部組織の損傷による痛みの治療に非常に有効なのが鍼治療です。

鍼と聞いてイメージするのは注射針を思い浮かべ痛くて苦手とおっしゃられる患者様も多くいらっしゃいますが、鍼治療は注射針よりもはるかに細く、痛いどころか非常に優れた鎮痛効果があります。その治療理論のひとつを紹介致します。

鍼治療のひとつにトリガーポイントというものがあります。

筋肉は繰り返し同じ動作による疲労、あるいは強烈な衝撃を受けることにより、損傷をうけた筋肉には硬いしこりができます。このしこりは刺激に対して過敏に反応して少し動いただけで痛みを引き起こす引き金、即ち、トリガーポイントとなります。

交通事故による衝撃により損傷を受けしこりとなった筋肉に対して、鍼治療を行うことでしこりを治し、痛みを改善していくのがトリガーポイントなのです。

またこのトリガーポイントだけでなくマッサージでも行えますので、はどうしても怖いという方でも大丈夫です。

交通事故によるむちうち捻挫打撲に限らず、痛みの治療法には様々なものがあります。

我々は治療のスペシャリストとして、症状に最適な治療を見極め、提供させて頂きます。

 

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400 

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分 駐車場4台あり 0774-39-4154

お問合せ・ご予約はこちら

アクセス 0774-41-3400

京都府宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄「伊勢田駅」西裏すぐ P8台

アクセス 0774-39-4154

京都府宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ徒歩2分 P4台

TOPへ戻る