物損事故と人身事故の違いについて!のぞみ鍼灸整骨院・のぞみ整骨院。宇治・城陽・久御山・京田辺・

2014年09月29日

今回は物損事故と人身事故の違いについて説明させて頂きます。

 

交通事故に遭われた際、物損事故にするか人身事故にするか初めて経験される方にはわかりにくいかと思います。

 

もしあなたが被害者側であれば必ず人身事故にされる方がいいです。

 

まず基本的に交通事故に遭われた際、怪我があれば人身事故で怪我がなければ物損事故になります。

 

多くあるケースが保険会社さんから「再度現場に行くのは面倒ですから物損事故ということにしませんか?」や「いま現在そんなに症状が無いのであれば必ずしも人身事故にする必要はありませんよ」などという話をもちかけられます。

 

これはなぜかというと、ただ単に人身事故にすると損害賠償金額が大きく変わるのと加害者側は違反点数が引かれますし場合によっては相応の罰金が発生します。

 

物損事故にすれば慰謝料と休業補償が無いのですが人身事故にされるとそれが加わり加害者側が不利になるのでできれば物損事故にしておきたいのです。

 

多少手間がかかりますが周りに左右されることなく人身事故にされることをお勧めします。

のぞみ鍼灸整骨院 宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄伊勢田駅 西口徒歩0分 駐車場8台あり 0774-41-3400 

のぞみ整骨院 宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ2分 駐車場4台あり 0774-39-4154

お問合せ・ご予約はこちら

アクセス 0774-41-3400

京都府宇治市伊勢田町中山24-27

近鉄「伊勢田駅」西裏すぐ P8台

アクセス 0774-39-4154

京都府宇治市大久保町旦椋9-19

イオン大久保南へ徒歩2分 P4台

TOPへ戻る